Newton TLTソフトウェア

TLTソフトウェア販売 (株)SSネットワーク
TLTソフトはスピード習熟を可能にする新時代の学習フォーマットです
お問い合わせ サイトマップ
トップページ TLTソフトとは? ご利用案内 TLTソフトQ&A 資格試験ソフト一覧 小中高大学受験用ソフト
TOP PAGE >> 小中高大学受験用学習ソフトトップ >> eラーニング 大学受験
 


ご購入の前に、無料体験をお試しください。
eラーニングTLTは、Windowsパソコン用学習教材となります。
→ eラーニングTLTの無料体験はこちら
hl

お支払方法
hl

eラーニングTLT
eラーニングTLTについて
eラーニングTLTの動作環境
eラーニングTLT教材ラインナップ


大学受験の完全習熟ソフト

大学受験TLTソフト教材一覧

大学受験用TLTソフト
英語 大学受験 重要1100単語|重要1000熟語
数学 数学 I ・数学A(旧課程)
国語 大学受験 現代語彙|古典単語|古典文法|必修漢字|必修文学史
理科 大学受験 生物|化学|地学
社会 大学受験 日本史|世界史|難関日本史|難関世界史

共通テスト対応TLTソフト
英語 セレクト英単語750|英語
数学 数学
国語 古典単語|古文攻略
理科 化学|生物
社会 日本史|世界史

大学受験TLTソフト構成・内容

短時間での合格ライン達成が可能。
※VOCAKING(ボキャキング)シリーズについてはこちらをご覧ください。

英語  ■ 大学受験 重要1100単語(VOCAKING) (約10〜40時間)
音声付は(上)(下)、音声なしもあります
 VOCAKINGシリーズのベストセラー。10万人ちかくの先輩が取り組み、英語の得点アップを実現し、合格を勝ちえました。
  単語だけ覚えても、読解力がなければ、得点アップは期待できないと考えていませんか?英語の文法問題、長文問題で一番の基礎となるのが単語力です。「あの単語さえ知っていれば…」という経験は誰にでもあるでしょう。
  このソフトは、過去の入試問題データをもとに、大学入試に必要な英単語を厳選して収録してあります。難関大学以外は、このうち600単語を習熟していれば合格ラインに達します。単語力が充実すれば、英語の読解力も急カーブでのびていきます。忘却曲線に従って、記憶の定着をはかっているので、早い時期に覚えても、入試まで忘れません。

英語  ■ 大学受験 重要1000熟語(VOCAKING) (約10〜20時間)
 VOCAKINGシリーズの2番人気のソフト。このソフトには、基礎的な熟語から難関大学の入試に出題される難しい熟語までが網羅されています。大学入試の頻度順に収録されているから、短期間に効率的な学習が可能です。
高校受験レベルの300熟語プラス400熟語の計700熟語をマスターできれば、長文問題もスムーズに解けるようになります。

国語  ■ 大学受験 現代語彙 (約15〜25時間)
 大学入試の現代国語長文問題には、例えば「概念」「主観」「アナロジー」「パースペクティブ」「逸脱」「乖離」等といった抽象語彙が頻出します。これらの単語に対する理解があるのとないのとでは、全体の読解に大きな差ができてしまいます。単語の意味がつかなめいと、文脈を追うこと自体、不可能となってしまうことも多いのです。
 このソフトでは、入試長文に頻出する抽象語、観念語、専門語を完全網羅(520語収録)してあり、受験直前対策として集中的に取り組むと効果抜群です。現代文学習に十分に時間を割けない受験生にとって強い味方です。

国語  ■ 大学受験 古典単語 (約15〜25時間)
 単語を品詞別に18単元に分けて、大学受験に必要とされる630語を収録してあります。本格的な古典学習に欠かせない単語を網羅してありますから、古典学習や受験勉強を始める前の基礎固めとして、また受験直前の総チェックとして最適のソフトです。

国語  ■ 大学受験 古典文法 (約15〜25時間)
 大学受験に必要な古典文法事項を37単元収録してあります。特に学習のポイントとなる「助動詞」には全体の5割強の20単元をあてています。ほかにも「助詞・敬語・まぎらわしい語の品詞識別」を重点的に学習できるように構成されています。
 大学受験勉強に最適ですが、高1・2生の授業の予習・復習用にも使えます。

国語  ■ 大学受験 必修漢字、文学史 (約30〜45時間)
 漢字編では、「読みの習熟」に力点をおいて、入試問題に頻出する漢字を短期間で徹底攻略するとともに、『同音異義語』の選択問題にも対応できる力を養えます。
文学史編では、『上代』『中古』『中世』『近世』『近現代』の5つの時代区分に構成されていますから、どこからでも効率よく学習することができます。「基礎チェック」で、入試に必要なポイントから、どこからでも効率よく学習することができます。「基礎チェック」で、入試に必要なポイントを網羅的に徹底学習し、「実戦演習」で、過去問に数多くあたることで知識の定着をはかります。

理科  ■ 大学受験 生物、化学、地学 (約30〜45時間)
※学習できる内容は、全範囲ではありません。
 生物は全40単元、Testingは675題、化学は全47単元、Testingは757題、地学は全41単元、Testingは481題の構成となり、大学入試に必要な学習事項をチェックできます。

社会  ■ 大学受験 日本史、世界史 (約30〜45時間)
 大学入試に必要な項目を一気に攻略するためのソフトです。
早慶などの超難関大学以外を受験する方は、合格点確保のための知識は十分習得できますから、後は過去問で総仕上げをしてください。(歴史の二つのソフトは、世界史B、日本史Bに対応しています。Aを選択されている方は、近現代史を中心に学習してください。)

社会  ■ 大学受験 難関日本史、難関世界史 (約20〜40時間)
 このソフトは、早稲田・慶応・上智・同志社などの超難関大学を目指す方のためのソフトです。難関校を中心とした過去問を収録し、短期間での学習が可能です。
  国公立大2次試験でも、社会で大幅な得点アップをねらう方は、ここまでマスターする必要があります。
※「大学受験世界史・日本史」を先に学習してから取り組んでください。

共通テスト対応TLTソフト構成・内容
英語  ■ セレクト英単語750 (約8〜16時間)
音声付は(上)(下)、音声なしもあります
 10万人近くの先輩が学習した『大学受験 重要1100単語』の姉妹品。過去の長文問題を分析し、よく出題されそうな英単語を750選びました。
難関大学を受験し、2次試験に英語が含まれる場合は『大学受験 重要1100単語』を学習する必要があります。英語の長文問題でいちばんの基礎となる 750単語を覚えれば、自然と文法力、読解力も身につけることができます。

英語  ■ 英語(旧センター対策用) (約20〜30時間)
※当教材は、共通テストの前に実施されていたセンター試験対策用の旧教材です。学習内容につきましては、現状の共通テスト対策には向いておりませんが、英語のベースアップとしてご利用ください。

数学  ■ 数学 (約30〜40時間)

※当教材は、数T(データ分析を除く)・数A(図形の性質・数学と人間の活動を除く)・数B(数列)を学習いただけます。
共通テストでは、これまでのセンター試験とは違って数学の理解力が試される問題が出題されます。そのため、正解だからOKではなく、解き方の手順と意味をしっかり理解しているかどうかを確認する必要があります。解説をしっかり読んで納得してから次の問題に取り組んでください。学習時間の目安は,30〜40時間です。


国語  ■ 古典単語、古文攻略 (約20〜30時間)
 「古典単語」の見出し語は約200語。受験で差のつく重要語を精選し、頻度順に学習します(全体が24のセクションからなり、24セクションは頻度順にA〜Dの4グループに分類されています)。
TestingやTrainingの2問目は例文による問題です。口語訳付きなので、見出し語以外の古語も自然と身に付くようになっています。
「古文攻略」は、文語文法・古典単語・敬語などの古文全般の学習です。過去のセンター試験を分析し、過去に出題された問題や今後共通テストに出題が予想される問題なども数多く取り上げています。

理科  ■ 生物、化学 (約20〜30時間)
※学習できる内容は、全範囲ではありません。
 「生物」では、知識を基礎とする実験考察問題が増加する傾向があります。そのため、(1)知識をしっかりと整理し覚えこんでおくこと、(2)実験考察問題に慣れることが重要です。 〈基本編〉で知識問題を中心に取り上げ、〈考察編〉で実験考察問題に取り組みます。「化学」では、個々の知識を実際の問題の中で、単元別にTesting→Trainingしていきます。もちろん過去に出題されていない項目でも、出題可能性のある項目も補強し万全を期します。

社会  ■ 日本史、世界史 (約20〜40時間)
 世界史・日本史とも学習項目ごとに必要事項を瞬時に反応して完全に解けるようにすることが絶対不可欠です。過去問などの出題の傾向をきっちりつかみ、オリジナル問題で必要学習を行います(歴史の二つのソフトは、世界史B、日本史Bに対応しています。Aを選択されている方は、近現代史を中心に学習してください。)
※「大学受験世界史・日本史」を先に学習してから取り組んでください。




TOPへ戻る


(c)1999-2022 SS-Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.