Newton TLTソフトウェア

TLTソフトウェア販売 (株)SSネットワーク
TLTソフトはスピード習熟を可能にする新時代の学習フォーマットです
お問い合わせ サイトマップ
トップページ TLTソフトとは? ご利用案内 TLTソフトQ&A 資格試験ソフト一覧 小中高大学受験用ソフト
TOP PAGE >> TOEIC TEST TLTソフトトップ >> TOEIC Aコース(入門基礎) リーディング対策


TOEIC 入門基礎  TOEIC 750点対策 TOEIC 850点コース TOEIC Webテスト  TOEIC パート別Webテスト
Newton TOEIC TEST 対策 TLTソフト
最短1ヶ月間よりご希望の期間ご利用いただけます。


TOEICお支払い方法
Newton TOEIC(R)TEST TLTソフトのお支払いにつきましては、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済よりご選択いただけます。※クレジットカードによるお支払いの場合、分割払いが可能となっております。
hl

TOEIC(R)TEST TLTソフトの無料体験をお試しいただけます。
無料体験はこちら
hl
TOEIC(R)TEST
TLTソフト目次
TLTソフトの3つの特徴
TOEIC試験について
TOEIC講座のご案内
Aコース(入門基礎)
  ・学習内容一覧
  ・リスニング対策教材
  ・リーディング対策教材
  ・単熟語演習
Bコース(750点対策)
  ・学習内容一覧
  ・リスニング対策教材
  ・リーディング対策教材
  ・単熟語演習
Cコース(850点対策)
  ・学習内容一覧
  ・リスニング対策教材
  ・リーディング対策教材
  ・単熟語演習
Webテスト
パート別Webテスト
動作環境
お申し込み
hl

TOEIC(R)TEST TLTソフトに関するご質問等につきましては、「TLTソフト Q&A」 で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
hl

SSLの詳細
弊社では、お客様に安心して、商品をご購入いただけますように、自社サーバ内にSSLを導入し、ブラウザとWebサーバ間を流れるデータを暗号化しております。
SSLの詳細はこちら
hl

TOEIC TLTソフトのお申し込み


Aコース リーディング対策教材

TOEIC BRIDGE®TEST リーディング試験の構成に合わせてPart4と5に分かれています。さらに各パート内は、単熟語演習、例文演習、基礎編、問題編で構成されています。

Part4 文法・語彙問題

Part4は、不完全な文章を完成させるために空欄に語句を補う、TOEIC BRIDGE®TEST Part4文法・語彙問題の対策演習です。 TOEICテスト対策としては、Part5短文穴埋め問題、Part6長文穴埋め問題の対策となります。

Part4 基礎編

「基礎編」では、順不同に並んだ語句を、正しい順番に並べ替えて、英文を完成させる「並べ替え問題」を行います。この練習によって、英語の語順に慣れ、語句と語句のつながりを覚ることができます。英語の語順に慣れることは、英文を素早く理解するには重要なことです。また、つながりやすい語句や、それらが、実際の英文でどのようにつながるかを覚えたり、会話などの定型文を覚えることができます。


Part4 基礎編

Part4 問題編

不完全な文章を完成させるために、4つの語句の中から最も適当なものを選ぶ練習です。実際のテストと同じ形式で学習をします。すべて制限時間が設定されており、本番のテストと同様に、解答ペースを意識して学習を進めていきます。


Part4 問題編

Part5 読解問題

TOEIC BRIDGE®TESTのPart5読解問題の対策教材です。TOEIC®TESTのPart7にも対応しています。

Part5 基礎編

「問題編」で取り上げる英語の長文を、一文ずつ、英語の語順のまま、読む練習をします。
英文を速く読むためには、日本語の語順と英語の語順の違いに慣れ、英語の語順のまま意味を理解できるようになる必要があります。例えば次のような例文を、日本語に直してみます。

No one knows what tomorrow's world will be like.
明日の世界がどのようになるか誰もわからない。

この訳が日本語として読みやすいのは、訳をする段階で、英語を日本語の語順に直したからです。しかし、TOEIC BRIDGE®TESTやTOEIC®TESTにおいて、この語順を直す作業をしていては、全ての問題に取り組む前に時間切れとなってしまいます。長文を綺麗な日本語に直すことよりも、限られた時間のなかで、必要な情報をいかに素早く集めることができるかが求められているのです。
リーディングテストだけではなく、リスニングテストや実際の会話でも同じことが言えます。聴き取った英語を、いちいち日本語の順番に直さないと理解できないようでは、次々に流れ込んでくる英語を全て理解するのは不可能です。 それでも日本語話者にとって、普段とは違う語順で意味を素早く理解するのは簡単ではなく、そのための訓練が必要です。
TLTソフトでは、その「英語を英語の語順のまま理解」する訓練を、独自の「速読演習」システムで実施します。

TLTソフトの「速読演習」

No one knows / what tommorow's world will be like.
(■   ) 

画面に英語長文が表示され、最初に訳すべき部分が青字で表示され、その下に、一部が空欄の日本語訳が表示されます。
あなたは、空欄のカーソルの位置に訳の先頭文字を入れます。正解のひらがな一音分を入力する「ワンタッチ入力」です。『だ』『わ』『し』などを入力すれば、『だ』→『だれもわからない』、『わ』→『わかる人はいない』『し』→『知っている人はいない』と( )の中に訳が表示されます。その他の文字を入れたり、考えこんだりして時間が経過すると×になり、同様に正解としての訳が表示されます。そしてEnterキーを押すと

No one knows / what tommorow's world will be like.
(だれもわからない)/ 明日の世界が(■      )

上記のように新しい( )が表示されます。『ど』を入れれば正解ですね。
( )内には『どのようになるか』が表示され、あなたの解答は正解として扱われます。

このように、英文の頭から順番に意味を確認していきます。このようにして練習を繰り返すことで、最短時間で英語を日本語のようにスラスラ読めるようにしてしまいます。

Part5 問題編

基礎編で英語の意味を素早く理解する練習をしたあと、実際のTOEIC BRIDGE®TESTと同じ形式で問題を解く練習を行います。全部で225文書の問題演習を行います。全て制限時間が設定されているので、本番と同様、時間配分に注意した学習が可能です。






TOPへ戻る


(c)1999-2018 SS-Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.