Newton TLTソフトウェア

TLTソフトウェア販売 (株)SSネットワーク
TLTソフトはスピード習熟を可能にする新時代の学習フォーマットです
お問い合わせ サイトマップ
トップページ TLTソフトとは? ご利用案内 TLTソフトQ&A 資格試験ソフト一覧 小中高大学受験用ソフト
TOP PAGE >> TOEIC TEST TLTソフトトップ >> TOEIC Aコース(入門基礎) リスニング対策


TOEIC 入門基礎  TOEIC 750点対策 TOEIC 850点コース TOEIC Webテスト  TOEIC パート別Webテスト
Newton TOEIC TEST 対策 TLTソフト
最短1ヶ月間よりご希望の期間ご利用いただけます。


TOEICお支払い方法
Newton TOEIC(R)TEST TLTソフトのお支払いにつきましては、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済よりご選択いただけます。※クレジットカードによるお支払いの場合、分割払いが可能となっております。
hl

TOEIC(R)TEST TLTソフトの無料体験をお試しいただけます。
無料体験はこちら
hl
TOEIC(R)TEST
TLTソフト目次
TLTソフトの3つの特徴
TOEIC試験について
TOEIC講座のご案内
Aコース(入門基礎)
  ・学習内容一覧
  ・リスニング対策教材
  ・リーディング対策教材
  ・単熟語演習
Bコース(750点対策)
  ・学習内容一覧
  ・リスニング対策教材
  ・リーディング対策教材
  ・単熟語演習
Cコース(850点対策)
  ・学習内容一覧
  ・リスニング対策教材
  ・リーディング対策教材
  ・単熟語演習
Webテスト
パート別Webテスト
動作環境
お申し込み
hl

TOEIC(R)TEST TLTソフトに関するご質問等につきましては、「TLTソフト Q&A」 で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
hl

SSLの詳細
弊社では、お客様に安心して、商品をご購入いただけますように、自社サーバ内にSSLを導入し、ブラウザとWebサーバ間を流れるデータを暗号化しております。
SSLの詳細はこちら
hl

TOEIC TLTソフトのお申し込み


Aコース リスニング対策教材

TOEIC BRIDGE®TEST リスニング試験の構成に合わせてPart1〜3までコースが分かれています。さらに各パート内は、単熟語演習、例文演習、ディクテーション、基礎編、問題編で構成されています。

ディクテーション

リスニング力向上に最適な学習方法に「ディクテーション」があります。英文を聴き、聴き取った通りに紙に書き写すという方法です。完全に英文を理解するまで何度でも繰り返し音声を聞くことで、次第にリスニング力が向上します。
英語が苦手な人には難しそうに聞こえるかも知れませんが、Aコースでは、中学・高校で習うような簡単な英語からはじめますので、つまづくことなく学習をすることができます。簡単な英語ではありますが、実際の会話でよく使われる表現をしっかり覚えることができます。また、TOEIC®TESTにおいても、550点以上を取得できる英語力が身につきます。

TLTソフトのディクテーション

はじめに、自動的に英文の音声が流れます。まずはこの英文をしっかり聴くようにします。
この問題では、「They're taking pictures.」という英文が流れます。

空欄に聴き取ったとおりに単語を入力するのですが、TLTソフトではディクテーションでも「ワンタッチ判定」を採用しています。
聴き取った単語のはじめの1文字を入力し、Enterキーを押します。

正解なら単語が青字で表示され、次の空欄にカーソルが移動します。同じように、すべての空欄の単語を答えます。

すべての空欄に正しい単語を入力するとマル、ひとつでも間違えると、バツが表示されます。バツが表示された英文は正しく聞き取れるまで、繰り返し出題されます。学習を重ねるうちに、はじめは聞き取れなかった英文もしっかりと聴き取り、理解できるようになります。日常会話でよく使われる単語や言い回しを、しっかりと覚えることも重要です。

基礎編

Aコースのリスニング対策教材、Part1〜Part3の各パートには、実際のTOEIC BRIDGE®TESTやTOEIC®TESTと同じ形式で学習する「問題編」の準備教材にあたる「基礎編」があります。
パート毎に出題方法が違いますが、例えば、Part1の基礎編では、4つのイラストが表示され、そのうちから英文と一致しているイラストを1つ選ぶ問題が出題されます。
このように、基礎編では、英語が苦手な方でも楽しく学習を進めることができるようになっています。学習者は楽しく学習をするうちに、大量の英文を聴くことになりますので、基礎編が終わる頃には、リスニング力が大幅に向上します。


Part1 基礎編


Part2 基礎編

問題編

各パート、TOEIC BRIDGE®TESTやTOEIC®TESTと同じ形式で学習に取り組む「問題編」で、最後の仕上げをします。
これらも全て音声は自動再生、正誤判定もTLTソフトが行い、間違えた問題を記録していきます。個々人の苦手な項目や問題のみを自動的に再出題するので、効率よく学習することができます。実際のテストと同じ形式ですので、まだ、TOEIC®TESTやTOEIC BRIDGE®TESTを受験したことのない人は、本番前の練習にも有効です。


Part1 問題編


Part2 問題編




TOPへ戻る


(c)1999-2018 SS-Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.