Newton TLTソフトウェア

TLTソフトウェア販売 (株)SSネットワーク
TLTソフトはスピード習熟を可能にする新時代の学習フォーマットです
お問い合わせ サイトマップ
トップページ TLTソフトとは? ご利用案内 TLTソフトQ&A 資格試験ソフト一覧 小中高大学受験用ソフト
TOP PAGE >> 社労士TLTソフトトップ

2012年度受験 合格保証 Newton 社労士 TLTソフト
2013年5月末日まで利用可能な期間会員 5,800円!
※6月以降も学習をご継続の場合は、延長料金1ヶ月6,800円となります。

 

2012年度受験用

対象者

初学者〜上級者

標準学習時間

380時間



Newton行政書士お支払い方法
Newton 社労士TLTソフトのお支払いにつきましては、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済よりご選択いただけます。※クレジットカードによるお支払いの場合、分割払いが可能となっております。※合格保証コースにつきましては、佐川急便eコレクトの代引き決済となります。
hl

社労士TLTソフトの無料体験版をお試しいただけます。
ダウンロードをご希望の方
hl

2012年社労士TLTソフト
TLTソフトが完全習熟を実現
パソコンの動作環境
社労士試験情報
hl

社労士TLTソフトに関するご質問等につきましては、「TLTソフト Q&A」 で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
hl

SSLの詳細
弊社では、お客様に安心して、商品をご購入いただけますように、自社サーバ内にSSLを導入し、ブラウザとWebサーバ間を流れるデータを暗号化しております。
SSLの詳細はこちら
hl

司法書士TLTソフトのお申し込み
2012年社会保険労務士
合計386時間の「超速習」合格対策
 

 社会保険労務士試験は、どんな問題が出題されるの?
 
  例えば、平成19年度の労働基準法第1問の選択肢の一つでは、次のような問題が出題されました。
 『いわゆる在籍型出向の出向労働者については、出向元及び出向先の双方とそれぞれ労働契約関係があるので、出向元及び出向先に対しては、それぞれ労働契約関係が存する限度で労働基準法の適用がある。すなわち、出向元、出向先及び出向労働者三者間の取決めによって定められた権限と責任に応じて出向元の使用者又は出向先の使用者が出向労働者について労働基準法における使用者としての責任を負うものである。』
 答えは、○です。
 この問題に正解するためには、労働基準法第10条と、厚生労働省の通達についての知識が必要です。
 また、平成19年度の労働安全衛生法第8問の選択肢の一つでは、次のような問題が出題されました。
 『製造業に属する事業者は、総括安全衛生管理者を、常時100人以上の労働者を使用する事業場ごとに選任しなければならない。』
 答えは、×です。
 正しくは、「常時300人以上」であり、「常時100人以上」ではありません。
 この問題は、「常時300人以上」という具体的な数字を覚えておかなければ解けません。

 このように、社労士試験では、法律、規則、省令、通達、判例など、幅広い範囲から出題されます。
 したがって、限られた時間の中で、基本的事項を理解し、多くの知識を正確に記憶することが、社労士試験合格の鍵となります。

 


TLTソフトが、社労士試験受験対策として有効な理由

  TLTの「T」とは、Testingの頭文字です。「L」はLearningの、そして終わりの「T」はTrainingの頭文字です。
 学習方法はこうです。たとえば、労働基準法で最初に学ぶ「労働者」や「使用者」は条文として定義されています。ですから、その条文を正確に覚えることが必要です。TLTソフトでは、条文の重要語句部分について穴埋め演習をし、そこから出題される単問題の○×演習を繰り返し、定着させる方法を採っています。

 知識をシッカリ定着させ、日々、達成感のある受験生活を送るために
 たとえば労働基準法第一部では、労働者および使用者・総則・労働契約・退職・賃金等について学習します。TLTソフトは、これらの学習事項を20のステップに分割して、1ステップで約10の事項を攻略します。1ステップは20分程度で終えられます。1ステップでの学習は10の条文についてそれぞれ重要語句の穴埋め演習を行い、その項目に関連する○× 問題などをランダムに出題しながら連続正答できるようになるまでトレーニングを繰り返します。全問正答できるようになればそのステップは習熟完了となります。

 もうひとつ受験生にとって、とても便利な機能があります。
 各ステップの最初のテスティングで間違えたものだけを集約するために、特別に用意されたファイルがあります。そのファイルを通じて、同じように学習をします。さらに、そこで最初のテスティングで間違えたものは、さらに、いわばあなたの大ニガテのファイルに集約され、それらを受験前などに集中的に学習できるように万全の配慮をしています。こうして、ニガテ項目を一つずつつぶし、考えられる最も学習効率の良いシステムとなっています。

 これは、紙と鉛筆の学習では実現不可能な学習ツールといえます。
 このように、わずか20分程度でステップ完全終了の達成感を実感し、希望を持って20のステップを次から次へとこなしていくことができます。こうして、20すべてのステップを完了したとき、その科目の習熟完了番号が表示されます。

 受験生のかなりの方は従来の学習方法では、期間内に終了できず途中であきらめてしまう方も少なくなく、その解消のためにまず基礎習得コースを終了してもらい、次の第2段階でさらに受験に直結する実戦問題を中心に対策学習をすることによって、確実に合格をしていただきたいと願って今回の受験対策方式をご提案することとなりました。


学習には必ずパソコンとインターネット環境が必要ですのでご用意ください。

全項目の学習はパソコンの画面上で行います。 ローマ字入力で自動的に正誤判定されます。パソコンに慣れていない人も1時間程度で超速の学習ができるようになります。 パソコンのOSはWindows XP、Vistaまたは7です。


合格への学習計画

  速い人で300時間程度、特に遅い人でも400〜500時間程度で合格点まで達する習熟学習ができます。遅れは必ず別の日に挽回してください。

 科目   学習内容 学習時間
・労働基準法   41時間
第1部 労働者及び使用者、総則、労働契約、退職、賃金等他 11時間
第2部 法定労働時間、変形労働時間制、休憩及び休日他、時間外労働等 11時間
第3部 裁量労働制、年次有給休暇他、年少者、妊産婦等 12時間
第4部 就業規則、寄宿舎他 7時間
・労働安全衛生法   24時間

第1部 総則等、安全衛生管理体制他、機械等 13時間

第2部 危険物・有害物に関する規制、健康診断等他 11時間
・労働者災害補償保険法   36時間

第1部 目的等、業務災害、通勤災害、給付基礎日額 12時間

第2部 障害(補償)給付、介護(補償)給付、遺族(補償)年金、通則 12時間

第3部 労働福祉事業、特別支給金、特別加入、不服申立て他 12時間
・雇用保険法   32時間

第1部 目的、適用事業、被保険者、通則、基本手当 11時間

第2部 延長給付、技能習得手当及び寄宿手当他、日雇労働求職者給付金 11時間

第3部 広域求職活動費、教育訓練給付金、高年齢雇用継続基本給付金 10時間
・労働保険徴収法   23時間

第1部 総則、保険関係の成立及び消滅、概算保険料他 11時間

第2部 確定保険料、印紙保険料、労働保険事務組合他 12時間
・健康保険法   42時間

第1部 目的、適用事業所、被保険者、保険者、健康保険組合 10時間

第2部 標準報酬月額及び標準賞与額他、保険医療機関等、入院時食事療養費 10時間

第3部 高額療養費、傷病手当金、死亡及び出産に関する給付他 10時間

第4部 日雇特例被保険者、費用の負担、不服申立て他 12時間
・国民年金法   39時間

第1部 総則、被保険者、老齢基礎年金 10時間

第2部 障害基礎年金、遺族基礎年金 11時間

第3部 通則他、費用の負担 10時間

第4部 不服申立て、国民年金基金等他 8時間
・厚生年金保険法   44時間

第1部 目的、被保険者、標準報酬月額及び標準賞与額、老齢厚生年金 12時間

第2部 特別支給の老齢厚生年金、障害厚生年金、遺族厚生年金他 11時間

第3部 通則、受給権者の届出 11時間

第4部 受給権者の裁定請求、厚生年金基金 10時間
・社会保険に関する一般常識   47時間

第1部 国民健康保険法、船員保険法 11時間

第2部 介護保険法、社会保険労務士法 13時間

第3部 高齢者医療確保法、確定給付企業年金法、確定拠出年金法他 12時間

第4部 社会保険制度の沿革 6時間

第5部 社会保障制度、これからの社会保障他 5時間
・労働に関する一般常識   58時間

第1部 最低賃金法、賃金の支払の確保等に関する法律他 12時間

第2部 職業安定法、労働者派遣法、高年齢者等雇用安定法 13時間

第3部 障害者雇用促進法、労働組合法、労働関係調整法、労働審判法他 11時間

第4部 裁判外紛争解決手続促進法、労働契約法 5時間

第5部 雇用管理、能力開発、組織開発、賃金管理 9時間
・統計・白書
  13時間
  第1部 社会保障制度、これからの社会保障他 5時間
  第2部 雇用・失業の動向、賃金の動向、労働時間の動向他
8時間
・本ソフト小計   386時間
・法改正 2012年5月下旬公開予定  
・過去問題 過去6年分 H23〜H19年  



Newton 2012年度社労士TLTソフト
お申し込み方法について
  1. 2013年5月末日まで利用可能な期間会員 合格保証なし 5,800円(送料600円)
    ※6月以降も学習をご継続の場合は、延長料金1ヶ月6,800円となります。
    ※期限の延長は、5月20日17時までにこちらのフォームよりお手続きください。
    ご注文は、このページの下方にございます、ショッピングカートでお申込みください。
  2. お申込み完了後、ご注文内容の自動返信メールがお客様のご登録メールアドレスに届きます。(自動返信メールが届かない場合は、メールアドレスの登録ミスの可能性がございます。その際は、至急ご連絡ください。)
  3. お申込み日の当日、もしくは翌営業日以内に、担当者より、「商品お申し込み手続き完了」メールをお客様の登録メールアドレスに送信しております。※銀行振込、コンビニ決済のお客様は、お支払い確認後のご連絡となります。
  4. 上記メール送信後、2〜3営業日程度で学習用のID、パスワードを出荷させていただきます。(期間会員のお申し込みにつきましては、別途送料:600円をいただいております。 ただし、IDのEメール添付をご希望の場合、送料は必要ありません。※添付ファイルはPDF形式となります。)


hl
お申し込み画像
お申し込みの際は、個数を選択後、「購入する」ボタンを押してください。
お支払方法 銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済の中からご選択いただけます。
※ただ今、販売を中止しております。

社労士TLTソフト画像
商品名 社労士TLTソフト2012年度版(期間会員)
送料:600円
※ID、パスワードのEメール添付をご希望の場合、送料は必要ありません。

学習可能期間5月末日まで
商品番号 c0111
お支払金額 5,800円(税込)
お支払方法 個数







© 1999-2013 SS-Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.