Newton TLTソフトウェア

TLTソフトウェア販売 (株)SSネットワーク
TLTソフトはスピード習熟を可能にする新時代の学習フォーマットです
お問い合わせ サイトマップ
トップページ TLTソフトとは? ご利用案内 TLTソフトQ&A 資格試験ソフト一覧 小中高大学受験用ソフト
TOP PAGE >> 「早稲田・慶応義塾大学」TLTソフトトップ
Newton センター試験対策TLTトレーニングソフト 在宅会員は、こちらでご確認ください。
合格の英単熟語1260
Newton 早稲田、慶応義塾大学、難関私大 合格保証TLTソフト(文系学部) 
募集を終了しました。



Newton 早稲田・慶應大学合格保証TLTソフトのお支払いにつきましては、佐川急便「eコレクト」による代引きとなっております。商品到着の際、配達員の方に現金、クレジットカード、デビットカードで商品代金をお支払いください。※クレジットカードによるお支払いの場合、分割払いが可能となっております。
hl

早稲田・慶應大学合格保証TLTソフトに関するご質問等につきましては、「TLTソフト Q&A」 で受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
hl
※クーリングオフにつきまして
初回ソフトを受け取り後、10日以内であればすでに使用済みでも解約ができます。その場合、必ずご連絡の上、ソフトを宅配便でご返却ください。ソフト返却確認後2週間程度でお支払いになった全代金を指定口座に振り込み返金します。ソフトの返却宅配便代金はお客様のご負担となりますので,予めご了承ください。
hl
ダブルプレゼントキャンペーンの詳細
プレゼントの詳細はこちら

SSLの詳細
弊社では、お客様に安心して、商品をご購入いただけますように、自社サーバ内にSSLを導入し、ブラウザとWebサーバ間を流れるデータを暗号化しております。
SSLの詳細はこちら
hl

センター試験英語210点保証TLTソフトのお申し込み
早稲田、慶応義塾を例に
早稲田(340時間)にも慶應義塾(370時間)にも、
わずか6か月で合格を可能にする
2010年度受験の「本講座」がいよいよ始まります。


 合格への学力をつける方法はたった1つ。それぞれの大学の合格に必要な学習事項を1つ1つ、自分自身で「読み、書き、解いて」トレーニングを繰り返し、身につける地道な努力です。漢字なら30回は書く。単語も「つづり」から「意味」、「意味」から「つづり」と、20〜30回、自分自身でトレーニングを繰り返せば本当の学力を築きます。しかし、従来のように「ノートと鉛筆」では、時間がかかり過ぎます。また、自分が「まだ身につけていない事項や問題」のみを選んでトレーニングをする「超合理的
な学習」はできません。どんな難関大学の入試問題でも、「知っているかどうか」「瞬時に正答できるかどうか」です。要は「知識と慣れ」です。
 たとえば早稲田大学法学部の入試英語に必要な「単語や熟語」などの語彙数は、中学レベルをのぞいて、3000語彙とその使い方を身につければ十分です。

現状の英語力は、重要ではありません。1か月に60時間「自学自習」できれば、合格点をゆうに超える学力を身につけられます。
 TLTトレーニングソフトは、日米両国の特許をもつ「習熟度管理機能とワンタッチ入力」で、自動的に学習者に応じてもっとも学習効果を高める最適演習をすすめ、驚異的なスピード習熟を押し進めます。本講座の英語では、下の学習表のように、2000もの語彙を4段階で丸暗記・完全習得しつつ、文法・語法・構文、長文読解等、入試実戦力を養成して、しっかり合格圏入りをはたします。
  第1段階は、早稲田、慶応それぞれに、もっとも頻出する「最重要構文150パターン」を身につけてしまいます。この時点で、長文読解は「目からウロコ」のように、「英語ならやれる!」と、自信をもって取り組めるようになっています。第2、3段階でそれぞれ100パターンの必要構文を完全習熟して、合格に十分な読解知識を習得します。
そして、第4,5段階で入試問題に対応する本格長文120回分の実戦速読を終了し、ゆうに合格点を越える英語得点力を身につけます。

早稲田の難解な「社会科目」や慶應独特の「国語・小論文」もおもしろいほど得点力アップの画期的な習熟学習。
 国語力の源泉は「漢字力と語彙力」です。早大現代文や慶應小論文のキーとなる「抽象語彙420」及び「上級漢字1000」をしっかり習熟して盤石の基礎力を固めます。
 早稲田の場合、一直線に「読解の基礎」「古文」「漢文」をTLTトレーニングソフトでしっかり身につけ、早稲田国語の合格点を突破するための「早稲田専用の実戦演習」に取り組んでいきます。慶應は「小論文」が最重要課題。しっかり書けるように「漢字力、語彙力」を中心に、短文での実戦演習を繰り返し、11月から20回に及ぶ「実戦添削」で「小論文」の得点力を不動にします。豊富な語彙力と論点構成力を生かした本試験同等の「実戦添削」を20回も行い、本試験で高得点に迫ります。
 また早稲田の日本史・世界史の難易度は群を抜いていますが、センターレベルを越える重要1200事項を徹底的に身につけ、そこから枝葉を伸ばすように実戦難問へと取り組んでいきます。合格点をゆうに突破できる正答力が自然に身につきます。
 また日本史や世界史は、正確な知識が圧倒的に重要です。「上級1200項目」を習熟すれば、それだけで歴史の入試得点力は急上昇し、早慶以外の難関私大の合格点は、このレベルで十分です。さらに実戦編として早稲田、慶應でそれぞれ出題の可能性をもつ「2100項目」をTLTトレーニングソフトで3ブロックに分割して完全演習していきます。終了すれば、その知識は予備校の講師レベルであり、早慶受験生の中でもトップクラスといえます。

夏休みが終わるころ、合格圏に!

 いまからTLTトレーニングソフトで超スピード習熟の学習に着手すれば、英語は、新単語500と最頻出構文150、実戦レベルA100構文を完全習熟、日本史や世界史は上級1200項目を頭に刷り込み、国語は、抽象語彙420、上級漢字1000、古典や小論文対策も進み、受験学力は急速に向上しています。9月、大手予備校の模擬試験をぜひ受けてみてください。A判定で合格圏に入っているはずです。それくらいグングンおもしろいほど学習が進みます。

合格点到達度を科目コースごとに確認するための
画期的な「確認テスト」で、各会員それぞれの合格圏を固めます。

  この確認テストは、TLTトレーニングソフトで完全習熟した「事項や問題」が、試験に出題されたと
き、しっかり正答できるかどうかを確認するために実施するテストです。各科目とも全パートに合格点突破を確認できれば、知識の上では、もはや合格点は十分に確保できるからです。
 どのパートも90%以上の正答率1回または85%以上の正答率連続2回で、そのパートの「合格保
証番号」を表示します。さらに本試験での合格を固めるために、科目総合の合格点到達を確認することが必要です。

本試験合格! 「合格点到達・確認模擬テスト」で必勝を確認します。
 各科目とも85%以上の正答率1回または80%連続2回の正答率で合格保証の条件とする受講生固有の「合格保証番号」を表示します。※明治、中央等大学群の方は科目総合の「合格点到達・確認模擬テスト」はありません。
 ここに出題する問題の80%以上は、TLTトレーニングソフトでしっかり習熟して、それぞれ「習熟完
了番号」を取得済の事項や問題で構成してあります。残りは新問題や難問と呼ばれる問題です。あなたがすでに学習した問題ですから80%以上の取得で当然です。こうして2月中旬に実施される本試験では、まったく問題なく受験する全学部に合格の栄冠を勝ち取ることと思います。
 いまなら、やる気さえあれば十分に間に合います。ご入会され、ぜひ合格を勝ちとってください。


もっと詳しく、疑問や質問に答えて

Q1・合格に向けて、どのようにTLTトレーニングソフトで学習していくのですか。
A1・「在宅会員」に申込まれると、宅配便でTLTトレーニングソフトをCD-ROMまたはe-ラーニング版でお届けします。
e-ラーニングはインターネットを通じて快適に学習できる学習方法です。第一回お届けのとき、そのIDとパスワードを記載したID記載票をお届けします。
学習はCD-ROMなら、自分のパソコンにインストールします。トップ画面にアイコンが表示されます。アイコンをクリックすると目次やメニュー画面が表示されます。あとは指示に従って、リズミカルに学習を進めてください。
各学習はTESTINGからはじまり、「間違えたり、できなかった事項や問題」はLEARNINGの学習画面で理解したあと、それらの学習事項や問題をシャッフルしながら出題し、それらを瞬時に正答できるまでTRAININGを繰り返し、ついには誰でもこれまでの学力を問わず完全習熟させてしまう習熟方法です。
各コースを20ステップに分けて一歩ずつ確実に習熟していきます。これまでの学力に関係なく習熟できますから安心して合格への道を進むことができます。
Q2・「合格保証」って何ですか。どう保証するのですか。
A2・下のTLTトレーニングソフトすべてを完全習熟し、10年度の早稲田または慶應大学の文系学部2学部以上を受験、その他の大学を受験される方も同様に2学部以上受験して、すべて不合格のときお支払い代金全額を返還する制度です。なお早慶受験者であっても国公立大学および別に定める国立難関大学、上智、青山、中央大学等に合格入学した場合、返金対象としての返金額が0〜30%程度に減額されます。お届時に詳細をご案内します。
※高校2年生は2011年度の受験が対象となります。
Q3・なぜ、「誰でも完全習熟」できるといえるのですか。
A3・「必須単語1000」の場合、パソコン画面に単語が1つ表示されます。その下の解答欄にその「意味」をローマ字でワンタッチ入力します。difficult なら「難しい、困難な」ですから、「mu」または「ko」を入力すると○が表示され、間違えたりタイムオーバーすると×が表示されます。×の単語が6個たまるとTRAININGモードになって、シャッフルしながら3回連続正答するまで繰り返します。6個すべてを完全習熟したとシステムの習熟度管理機能が判断すると、つぎのTESTINGモードに移り同様の演習となります。
こうして、そのステップの25個すべてが○になると、そのステップは合格になり、20ステップすべてが「合格」すると、初めの必須単語500を完全習熟したものと認め、メニュー画面に学習者固有の「習熟完了番号」が表示されます。
Q4・「確認テスト」は合格保証条件と関係ありますか。
A4・本講座の早稲田大学、慶應義塾大学専用TLTトレーニングソフトの学習内容さえ完全習熟し、それらの知識を実戦で発揮できれば英語、社会、国語(慶應は小論文)とも合格点をゆうに突破します。明治、中央等大学群でも下のプログラム表の★印のソフトの習熟と、それらの科目の「合格点到達度・確認テスト」で「認定番号」を取得されれば合格点をゆうに突破します。
12月になると、いよいよ科目別に合格点到達度を認定するための「合格点到達度・確認テスト」をコース別にネットでテスト。どのコースの問題も90%は、各コースで習熟したものを出題しその他の難問を10%出題します。実際の試験のように制限時間があります。
90%または連続2回85%以上で、そのコースの「合格保証番号」が表示されます。
全コースの確認テストで、この認定番号が表示されることが「合格保証制度」の条件です。各コースとも5回チャレンジできます。
さらに認定番号取得者に対して実施する英語、社会、国語の科目総合の「合格点到達・確認模擬テスト」を各科目10回実施します。
そのテストでも英語、日本史または世界史、国語で、それぞれ85%または80%連続2回の正答率で「合格保証番号」を取得できます。この取得も保証の条件です。明治、中央等大学群の方は科
目総合の「合格点到達・確認模擬テスト」はありません。
Q・合格保証が適用される「学習の条件」とは何ですか。
A・(1)下の学習プログラムの全コースを「習熟完了番号」が表示されるまで完全習熟すること。
(2)コース別「合格点到達度・確認テスト」ですべてのコースに合恪保証番号を取得すること。
(3)総合「合恪点到達・確認模擬試験」での「合恪保証番号」を取得すること。そして受験前日までに各合格保証番号を報告し、実際に2学部以上受験し、その写し等を報告されることです。詳細はお申込みの方に初回お届けの際、ご案内します。
Q・9月からの「合格点到達度・確認テスト」とは何ですか。合格保証条件と関係ありますか。
A・9月から始まる早稲田大学専用TLTソフトの学習内容さえ完全習熟し、それらの知識を実戦で発揮できれば英語、社会とも合格点はゆうに突破します。それだけ学習内容は精選されているだけでなく充実しています。9月から学習した科目別・ユニット別にネットを通じてテストします。それぞれ90%は各ユニットで習熟したものを出題し、その他の難問を10%出題します。実際の試験のように制限時間があります。90%以上または連続2回85%以上でそのユニットの「合格点到達・認定番号」が表示されます。全ユニットの確認テストでこの「認定番号」が表示されることが「合格保証制度」の条件です。
Q・ところでこのTLTソフトをやり遂げるのに「どのくらいの学力」がいりますか。
A・公立高校の英語入試問題が90%以上正答できる英語力が必要です。さらに2時間以上連続して勉強できる集中力があれば、十分です。社会科はまったくできていなくても大丈夫です。国語も中学で学ぶ漢字や語彙がしっかりしていれば申し分ありません。
Q・自分ひとりで進めることができますか。
A・上記の学力と集中力があれば「内容でわからないところや、つまづくところ」はありません。また、パソコンでの学習はいつでも達成感を実感しながら飽きずにゲーム感覚でできますから、かなりの人がTLTソフトに夢中になるほどです。しかし、毎日2〜3時間規則正しく勉強を続ける強い意思が必要です。
Q・途中でやめてしまうようなことにはなりませんか。その対策は?
A・昨年の場合、途中でやめた人が3割ほどいます。受験生の意志次第ですが、最後まで続ければゆうに合格できることを思えば、残念です。

■自分での学習の実行力に不安な方のために
入会された方には、メールで月間1〜2回程、進捗、受験勉強、やる気アップ等のアドバイスなどをお届けします。さらに希望者には専任のコーチも必要になったとき有料で用意します。

※当ソフトは、Windows(R)XP/Vista用パソコンで動作いたします。またCD-ROMドライブ、インターネット接続環境が必要です。

パソコンの動作環境
  1. 日本語版Windwos(R)XP/Vistaが動作するPC/AT互換(DOS/V)機
  2. CPUはPentium(R)(または同等)プロセッサ1GHz以上を推奨。
  3. 必要メモリーは512MB以上(Windows Vistaは1GB以上)を推奨。
  4. 画面は1024×768ドット以上,256色以上の表示が可能な機種(65536色以上推奨)。
  5. インターネットに接続できる環境。
    ADSL、光回線などのブロードバンド環境が望ましい。
  6. CD-ROMドライブが必要。
  7. ハードディスクに2GB以上の空き容量があること。
  • Windows(R)は米国Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標です。
  • Pentium(R) はIntel Corporationの商標または登録商標です。
  • その他の会社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。
Newton 難関私大文系 合格保証TLTソフト
お申込み方法について
  1. 早稲田大学(文系学部)基礎講座+本講座⇒358,500円/税込
    早稲田大学(文系学部)本講座⇒238,500円/税込
    慶応義塾大学(文系学部)基礎講座+本講座⇒434,500円/税込
    慶応義塾大学(文系学部)本講座⇒314,500円/税込
    その他難関私大(文系学部)合格講座⇒216,500円/税込

    (一括払いは500円割引後の価格です。)
    でご提供いたします。

    ※「その他の難関私大」合格保証の対象校(全11校)
    「明治大学」「青山学院大学」「立教大学」「中央大学」「法政大学」「関西大学」「関西学院大学」「同志社大学」「立命館大学」「学習院大学」「成蹊大学」
    (上記以外の大学につきましては、合格保証の対象外となります。)

    ご注文は、このページの下方にございます、ショッピングカートでお申込みください。(お電話、メール等によるお申込みも可能です。)
    お支払方法は佐川急便e-コレクトによる代引き(商品到着の際、現金もしくはクレジットカードによるお支払い)となっております。
    ※クレジットカードでのお支払いの場合は分割払いも可能です。詳しくは、佐川急便e-コレクトのホームページをご覧ください。
  2. お申込み完了後、ご注文内容の自動返信メールがお客様のご登録メールアドレスに届きます。(自動返信メールが届かない場合は、メールアドレスの登録ミスの可能性がございます。その際は、至急ご連絡ください。)
  3. お申込み日の当日、もしくは翌営業日以内に、担当者より、「商品お申し込み手続き完了」メールをお客様の登録メールアドレスに送信しております。
  4. 上記メール送信日より2営業日程度で、英語のeラーニング学習のIDとパスワードおよび、その使い方の説明書等をお届けします。また、国語は漢字、語彙習熟のCD-ROMを宅配便でお届けします。社会は科目選択決定後5月末よりCD-ROMをお届けします。(配達日時のご指定も可能です。)商品到着時に配達員の方に商品代金を現金もしくはクレジットカードでお支払いください。(送料・代引き手数料は無料です。)
合格へのプログラム表
早慶以外の難関私立文系は、特別な私大を除き、英語も社会も国語も早稲田の学習計画表の★印のコースの習熟で十分合格できる内容です。それらの方には★印の教材を予定にしたがってCDまたはIDパスワードでお届けします。
英語 225時間
学習内容 時間
基礎講座 ★必須単語・熟語1000+例文演習2400(センターレベル完全対応) 40 
基礎講座 ★英文法・語彙・語法(センター+早慶レベル完全対応) 45 
基礎講座 ★読解演習レベルA60長文(センターレベル完全対応) 40 
以降本講座
7月
★読解・最頻出150構文(早、慶、各専用1)
15 
8月 ★語彙500+実戦読解レベルA 100構文(早、慶、各専用2) 20 
9月 語彙500+実戦読解レベルB 100構文(早、慶、各専用3) 20 
10月 ★語彙500+実戦読解レベルC 長文速読演習60回(早、慶、各専用4) 30 
11月 語彙50+上級読解レベルD 長文速読演習60回(早、慶、各専用5) 30 
11月 コース別合格点到達度・確認テスト各5回(2月まで受験可)  
12月 早稲田、慶應・合格点到達・確認モギ試験10回  
  合計 240 
社会 (日本史、世界史から1科目選択) 145時間
8月の1200項目までは早慶共通 です。実戦コース、確認テスト、模擬試験は大学別です。
学習内容 時間
基礎講座 ★重要必須B 1200項目(入門基礎から) 40 
8月 ★上級1200項目(早慶共通各受験専用1、他大学はこれで十分) 40 
9月 ★実戦Aコース700題(早慶別 各受験専用2) 25 
10月 実戦Bコース700題(早慶別 各受験専用3) 20 
11月 実戦Cコース700題(早慶別 各受験専用4) 20 
11月 コース別合格点到達度・確認テスト各5回(2月まで受験可)  
12月 早稲田、慶應・合格点到達・確認モギ試験10回  
  合計 145 
国語総合(早稲田)   小論文(慶応義塾)
学習月 早稲田対策 160時間 時間 慶應小論文対策 190時間 時間
基礎講座 ★漢字最重要基礎レベル840 20  漢字最重要基礎レベル840 20 
基礎講座 ★国語現代文・長文読解・設問別演習 20  現代文・抽象語彙実戦演習420 20 
7月 ★現代文・抽象語彙実戦演習420
15  国語現代文・長文読解・設問別演習 15 
8月 漢字 上級レベル1000
15  漢字 上級レベル1000
15 
8月 古典単語(これだけでほぼ合格点) 20  小論文 重要語句の習得
40 
9月 ★漢文読解・古典読解 30  小論文 文章段落要約演習
小論文 文章全文要約演習
15 
10月 現代文・論説文要約演習 20     
11月 ★現代文・長文読解実戦演習 20  小論文 実戦問題添削20回 35 
11月 コース別 合格点到達度・確認テスト各5回(2月まで受験可)
12月 早稲田、慶應・合格点到達・確認モギ試験10回
  合計 160    190 

※学習時間は,標準時間を記してあります。現状の学力や個人の特性によって学習時間は異なります。各自スケジュールを調整して、無理のない確実な学習計画を立ててください。

hl

お申し込みの際は、個数を選択後、「購入する」ボタンを押してください。
お支払方法 代引き(現金・クレジットカード・デビットカード)
※佐川急便e-コレクト利用
カード払いの方は、宅配会社配達員の方に分割回数をご指定することができます。
その他

送料無料、代引き手数料無料
※社会科目を「世界史」、「日本史」より選択してください。
※募集を終了しました。


商品名 2010年度受験早稲田大学合格保証TLTソフト(基礎講座+本講座・一括払い)
商品番号 a0880
お支払金額 358,500円(税込)
社会科目選択 個数

商品名 2010年度受験早稲田大学合格保証TLTソフト(本講座・一括払い)
商品番号 a0882
お支払金額 238,500円(税込)
社会科目選択 個数

商品名 2010年度受験慶應義塾大学合格保証TLTソフト(基礎講座+本講座・一括払い)
商品番号 a0884
お支払金額 434,500円(税込)
社会科目選択 個数

商品名 2010年度受験慶應義塾大学合格保証TLTソフト(本講座・一括払い)
商品番号 a0886
お支払金額 314,500円(税込)
社会科目選択 個数

商品名 2010年度受験難関私大合格保証TLTソフト(一括払い)
※合格保証対象校
明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学、関西大学、関西学院大学、同志社大学、立命館大学、学習院大学、成蹊大学
商品番号 a0888
お支払金額 216,500円(税込)
社会科目選択 個数





© 1999-2009 SS-Network Co.,Ltd. All Rights Reserved.